カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

店長コーナー

たまごや店主

千葉県にある小さな農場で日本一のおいしいタマゴをつくっていると自負しております!
お客様に

「ここのタマゴ以外食べられなくなったよ」

って言ってもらえるのが何よりもの喜びで、 目標はアレルギーが完全に出ないタマゴ作り!です。

店長日記はこちら

モバイル

Feed

  • RSS
  • ATOM


Q1.卵の賞味期限は?
A1.基本的に生食が好ましいのは、2週間ですが、それ以降は加熱調理が好ましいです。卵も生き物なので1ヶ月以内に消費するのが望ましいですね。

Q2.有精卵と無精卵の違いって?
A1.雌鶏と雄鶏が交尾して受精してできた卵が【有精卵】で雌鶏は受精せずとも卵を産めるので交尾せずにできた卵は【無精卵】これが大きな違いです。

Q3.有精卵と無精卵は栄養に違いがありますか?
A3.いえ、ありません。

Q4.殻の茶色い卵と白い卵の違いはなんですか?栄養も違いますか?
A4.鶏の羽の色で判断していただくとわかりやすいかと思います。
でも実は鶏の血液に起因しているんです。

■卵の殻の色の違いについて書いたブログはこちらから
http://tamago-blog.tamagohan.com/?eid=177

殻の色で特に栄養価は変わりませんが、卵は各農場によって飼料も水も育て方も違います。特殊卵と言って飼料にビタミンE、ヨウ素、DHA、EPA等を施したり、主に飼料の原料にこだわったものや、育て方等も個性があります。そう言った意味では栄養価に違いが出てくるとは思います。卵の栄養価は飼料の内容で80~90%決まると言われています。ブログにもいろいろと掲載してありますので是非ご覧くださいませ。

■たまごのカイシン農場のオフィシャルブログ

http://tamago-blog.tamagohan.com

Q5.卵を割るとひものようなものが出てきました。何ですか?
A5.【カラザ】と言いまして、卵黄を中央に固定するように支えてるものと考えていただき、成分は主にタンパク質なので取り除かなくて大丈夫です。

Q6.卵を割ったら赤いものがありました。何ですか?
A6.【血斑(ブラッドスポット)】【肉斑(ミートスポット)】ですね。

■【血斑(ブラッドスポット)】とは?
卵ができる過程で卵巣や輸卵管の中を通ります。その際、何らかの影響で毛細血管が破れ、その血液が混入したと思われます。

■【肉斑(ミートスポット)】とは?
よく卵白の部分にミンチした肉の破片のようなものが固まって見える事があると思います。卵が産まれる過程で卵殻色素の粒子が固まってできたものと言われています。赤玉に多いようです。白い卵にもありますが、白かったり、灰色がかっていたりするので気づかない時もあるかもしれません。血斑(ブラッドスポット)も肉斑(ミートスポット)も食べても身体に問題はないのですが、気持ち悪いようでしたらその部分をとってお召し上がり下さい。

■ミートスポットについて書いたブログはこちらから
http://tamago-blog.tamagohan.com/?search=%B3%CC%A4%CE%BF%A7

Q7.卵はコレステロールが高いからあまり食べない方がいいと言われていますよね?
A7.2015年の5月1日に日本動脈硬化学会から卵のコレステロールに関する発表がされました。食事中のコレステロールの摂取と血中コレステロールの間に明らかな関連性を示す事ができない事から、卵のコレステロール神話が崩れたような形となりました。詳しくは学会のホームページを参考にされると良いかもしれません。

■動脈硬化学会公式ホームページ
http://www.j-athero.org/outline/cholesterol_150501.html

■オススメ著書


【卵を食べれば全部よくなる】マガジンハウス
血液栄養診断士である佐藤智春先生の著書で卵の全てや卵に関する誤解まで読みやすく書かれているのでこちらも併せてご参考下さい。私も拝読しました。とても興味深い内容でした。

マガジンハウスより
http://magazineworld.jp/books/paper/2722/